たいきゅんの日記

公務員試験失敗から這い上がれ!気ままに更新ブログ

エンジニア日記〜入社一ヶ月目〜

お久しぶりです。忙しく更新がまちまちになってしまって申し訳ないです。

まとまった時間(GW)が作れたので、アウトプットしていこうと思います。

今回は入社一ヶ月目の日記です。

最後まで読んでいただくととても嬉しいです。

 

今回の記事では以下のことを書いてます。

①筆者について

②一ヶ月目の仕事内容(研修)

③まとめ・今後の反省点

 

1.筆者について

2020年07月よりエンジニア転職活動を開始し、2020年12月に都内の受託系のエンジニアとして内定。21年2月に入社。

本記事は02月のまとめとなります。

 

2.一ヶ月目の学習内容

2月に入社後、2ヶ月間はJavaの外部研修に参加し、研修期間終了後に成果物を発表するという流れ。

形態はこのご時世もあり、フルリモートでした。

 

1ヶ月目はJavaの基礎中の基礎の学習を行いました。

基礎文法の学習・エクリプス・springを使用した簡単なアプリの作成をしました。

 

3.まとめ・今後の反省点

 

①もっと真面目にやるべきだった。

フルリモートかつ外部研修に参加していたため、上司の評価形態としては数字のみしかなかった。私はこれに気付くのが遅くなり、自身では理解している内容であったとしても、定期的にあるテスト(テスト勉強をしなかったため点数を取れていなかった。)の成績が良くなかったため、あまり印象としてはよくなかったと評価されていても仕方ない。

研修が終わってもリモートで仕事をする関係から、より成果物・結果が大切になってくる。いや上司が評価する基準としてほとんどを占めていると言っても過言ではないと学んだ。

これから(リモートで仕事をする時)は、成果をあげることに特に重点を置き仕事をしていこうと決心した。大事にしよう。

 

②カリキュラムはこなせてよかった

予習することは得意で自身で触っていたこともあり、スケジュール通り進めることができたのは良かったと思う。一方で時間を少し無駄にした感も否めなかった。

今後は時間をかけるという学習から、時間内で成果をあげられる方向に進めていき、実務に入った時に向けて変化を加えていきたい。

 

この反省を生かして次の一ヶ月をこなしてまいります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。